冠動脈バイパス手術

必要性・目的

心臓は全身に血液を送り出すポンプですが、心臓の筋肉(心筋)へ血液を送る血管を冠動脈といいます。冠動脈が動脈硬化などのために狭くなったり詰まったりすると、冠動脈の血流量が減少し心筋に十分な酸素や栄養が供給されなくなります。不十分な血流で心臓が働かねばならず、胸痛が生じたり、全身に血液を送りだす心臓のポンプとしての働きが低下し、狭心症・心筋梗塞・突然死などの原因となります。そこで、心筋に流れて行く血液を増やして虚血を改善する必要があります。心筋への血流を増加することにより、狭心症発作を予防するための日常生活制限が軽くなり、生活の質が向上します。また、心筋梗塞、突然死などために死亡する確率を低下させて生命予後の改善が期待できます。

必要性・目的

手術以外の方法との比較

治療には、薬物治療、カテーテル治療、冠動脈バイパス手術があります。

薬物療法では、血管を広げる硝酸薬、心臓の心拍数や収縮を抑えるベータ遮断薬、冠動脈の攣縮(血管が縮んで細くなること)による発作を予防するカルシウム拮抗薬、冠動脈内に血栓が形成されて血管が詰まるの防ぐ抗血小板薬などが投与されますが、今以上に心臓への血流量を増加させることは期待できません。

冠動脈の中で細長いバルーンを膨らませる「バルーン療法(いわゆる風船療法)」、網状の筒を冠動脈内に埋め込む「ステント療法」、血管の狭い部位の動脈硬化(粥腫)を削り取る「アテレクトミー療法」「ロータブレータ療法」などカテーテルによって狭くなった冠動脈を広げるカテーテル療法も、冠動脈バイパス手術と同じように心臓への血流を増加させることが期待できます。当院では患者様への負担が少ないカテーテル治療を優先して行っていますが、冠動脈病変が多枝病変(たくさんの狭窄病変が同時に存在する)、左主幹部病変(左冠動脈の根本の病変)冠動脈の主要分枝の分枝部病変などではカテーテル治療が困難となります。このような場合に循環器内科と心臓外科協議の上で冠動脈バイパス術の方が今後の生命予後が改善されると判断された場合に外科手術の適応となります。

カテーテル治療も冠動脈バイパス手術も生活習慣病である動脈硬化そのものをなくす治療法ではありません。動脈硬化の進行によって、冠動脈あるいは手術したバイパス血管が、将来にわたって細くなったり詰まったりすることがあります。喫煙、脂肪の過剰摂取、肥満、運動不足、高血圧、高血糖などは動脈硬化を促進させますので、術後も生活習慣病を予防する日常生活の注意が必要です。

手術の内容

冠動脈の狭窄または閉塞している部分の先に、新しいバイパス血管をつなぐことによって、心臓の筋肉に対する血液供給の不足を補う手術を行います。バイパス血管としては、以下のものがあります。

必要性・目的
必要性・目的

冠動脈バイパス術には大きく分けて、3つの方法があります。

  1. 人工心肺を使用し心臓を止めて血管を吻合する心停止下冠動脈バイパス術(On-pumparrestCABG)
  2. 人工心肺を使用するが、心臓を止めないで血管を吻合する人工心肺補助心拍動下冠動脈バイパス術(On-pumpbeatingCABG)
  3. 人工心肺を使用せず、心臓が動いたまま行う心拍動下冠動脈バイパス術(Off-pumpCABG)

人工心肺を使用すると、より質の高い吻合が期待できますが、人工心肺使用に伴う合併症の危険があります。一方、Off-pumpCABGでは人工心肺の使用に伴う危険を回避できるというメリットがあります。当院ではOn-pumpbeatingCABGを基本としていますが、脳血管や呼吸機能、腎臓に障害のあるハイリスクの患者様にはOff-pumpCABGも適応しており、個々の患者様の状態に合わせた術式を選択しています。