弁膜症手術

必要性・目的

必要性・目的

心臓には、血流の流れを一方向にする働きの「弁」が4つあります。その弁の機能が障害される「心臓弁膜症」としては、「狭窄」と「逆流(閉鎖不全)」があります。

正常な弁の開放
正常な弁の開放
弁の狭窄
弁の狭窄
正常な弁の閉鎖
正常な弁の閉鎖
逆流(閉鎖不全)
逆流(閉鎖不全)

弁の狭窄・逆流があると、その弁の前後にある心臓の部屋に負荷がかかります。弁の機能障害により、心臓に負担が増し、肺にうっ血をきたし、呼吸困難が現れたり、労作時に動悸を感じたりするなど心不全の症状が現れるようになります。また、不整脈の原因にもなります。

機能が低下した弁を放置すると心臓機能が次第に悪化し日常生活に支障をきたし、心臓機能の低下は、全身の他の臓器(肺、肝臓、腎臓など)に悪影響をおよぼし様々な臓器不全を引き起こします。それが原因で死亡に至る場合もあります。そこで、弁の機能を回復し、心臓機能の悪化を止めて回復させる手術が必要となります。

代替可能な他の方法との比較

心臓弁膜症心不全の治療には薬物治療がありますが、障害された心臓の弁の機能が良くなるわけではありません。それと比較して、手術は悪化した弁の機能を回復させて心臓機能を改善させる根本的な治療といえます。心臓機能低下が進行してからの手術は、危険性も増し手術がうまくいっても心臓機能の回復があまり期待できなくなり、日常生活に困難さが残る可能性が増します。

手術の内容

弁形成術

機能の悪化した弁を一部切り取って小さくしたり、人工腱索を用いたり、人工弁輪を使用したり様々な方法で本来の弁を修復して弁の機能を回復します。僧帽弁逆流(閉鎖不全)に対しては、この方法が第一選択となります。

弁形成術
弁形成術
弁形成術
弁形成術
弁形成術
弁形成術

弁置換術

弁機能が悪化した弁を切り取り、人工弁に取り替えます。人工弁にはカーボン、チタンで作られた機械弁とウシやブタの心臓弁・心膜を加工して作られた生体弁があります。それぞれに長所短所が存在するために、人工弁置換術を受けられる患者様は事前にどちらかを選択しておく必要があります。

種類 機械弁 生体弁
画像
機械弁
生体弁
耐用年数 長い(20年以上) やや短い(10年から15年)
血栓形成 できやすい できにくい
血栓を防ぐ薬
(ワーファリン)
ずっと必須 なしも可能
※術後3か月は必要

ワーファリンは、血栓形成を防ぎますが、効きすぎると出血しやすくなるため(鼻出血・脳出血・消化管出血など)、1~2ヶ月毎に採血をして血の固まり具合を検査します。ビタミンKはワーファリンの作用を弱めますのでビタミンKの特に多い食品類(クロレラ、納豆、ビタミンKを含んだビタミン剤)は摂取しないでください。

ワーファリン内服中は血液が固まりにくいので、医療処置や手術(歯科での抜歯など)をされる時には、医師にワーファリンを内服していることを知らせてください。

一般的には65~70歳より若い方には機械弁を用い、それより高齢の方では生体弁を用います。しかし、ワーファリンの内服により問題となる方、例えば挙児希望の若年女性(ワーファリン内服により胎児に障害が出ることが知られています)、外傷や打撲を伴う職業の方(漁師さん・大工さん・スポーツ選手など)などは、生体弁での人工弁置換術を受けることも選択可能です。十分説明を受けて、私たちとよく話し合い、ご自身の生活スタイルなどにあわせて人工弁の選択をしてください。

なお、当院では、大動脈弁狭窄症に対して行う大動脈弁置換術に関して、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)も行っています。様々な臓器障害があり、全身状態がよろしくない場合には、開胸し、人工心肺装置を用いて、心停止下に手術を行う通常の大動脈弁置換術の危険性が高まります。そのようなハイリスクの方には、「カテーテル」と呼ばれる筒状の医療器具を挿入し、からだの内部から人工弁(生体弁)をを留置する治療法です。

詳しくは当院のTAVI治療のホームページをご参照ください。

詳しくはこちら

用語解説

人工弁
人工弁は、もともとの弁とは異なり人工物ですので、それ自体にも次のような問題が生じることがありえます。

人工弁機能不全
色々な原因で人工弁がうまく機能しなくなることがあります。

血栓塞栓症
人工弁で固まった小さな血液塊が血流にのってどこかの動脈につまり、障害を起こします。(脳梗塞、四肢の血流障害など)

人工弁感染
人工弁に細菌がついて増殖し高熱を出す。抜歯の時は人工弁に細菌がつきやすいので、抗生剤の内服をして人工弁感染を予防する必要があります。人工弁が使用されていることを歯科の先生にあらかじめ知らせてください。

人工弁周囲逆流
縫合糸で心臓内に縫って止めた人工弁の固定がゆるんで、人工弁の周囲を血液が流れるようになると赤血球が破壊(溶血)されて貧血になることがあります。このような状態が発生してひどくなるようですと、再度の手術をして人工弁を取り替える必要があります。